JOURNAL SKIN
by : DIGIHOUND L.L.C.

〒658-0001
Higashinada, Kobe, Hyogo JAPAN

2018年05月05日 22時55分

同窓会の問題児

20180505-img_e8641_00001.jpg

( たぶん20代か 久々に描いたF8 なんと折ってあった )

中学の同窓会が久しぶりにあった。

子供の頃のまま下の名で「としおちゃん」と言われることに沁みる思いがする。そのような空間は社会の中でここしかなく、そのことのかけがえのなさを感ずる。

カテゴリー: 飛行機 | 執筆者: kazama [ 続きを読む ]

2018年03月07日 21時17分

厚木AIR BASE NF100

20180307-8b257350-c494-4dae-b955-1d482b5c437d_00001.jpg

撮影 Mako Asidaさん

厚木AB南エンドからのFA-18 NF100の離陸シーン

背景は丹沢の大山だがホントは富士山にしたかったらしい。25年以上伊勢原に住み大山には数知れず登った。

頂上から右に伸びる尾根には道はないが明瞭でしかも静寂な絶好なルートだった。

雪のあるこの時期は北風がベースなので南風の離陸シーンは嬉しい

通い詰めた厚木ABだが、このアングルを考えもしなかったのは我ながら迂闊だった。

カテゴリー: 飛行機 | 執筆者: kazama [ 続きを読む ]

2017年02月04日 21時43分

厚木基地南エンド夕景

20170204-16472947_1188326871285551_8111249039001660205_n_2_.jpg

マティス長官機と護衛戦闘機(笑)冗談ですが希少な四発は一見747に見える

20161228-fullsizerender__11_.jpg

なぜかブレイクせずここまでアプローチ

20161228-img_3477.jpg

素晴らしい雲 夕方まで粘った

20161228-fullsizerender__9__01.jpg

カテゴリー: 飛行機 | 執筆者: kazama [ 続きを読む ]

2016年09月14日 14時44分

Let''s Go!! Blue Impulse

20160913-14358818_1045861762198730_6649399185210391200_n_1_.jpg

break now!!

20160913-14332929_1045132668938306_1355165436370168983_n_1_.jpg

smoke now!!

カテゴリー: 飛行機 | 執筆者: kazama [ 続きを読む ]

2016年05月22日 21時11分

…怒鳴れば操縦が上手くなるか…

20160522-13256142_960590257392548_6927940581189358949_n_1_.jpg

最近読んだ本の内容、偶然とはなにか、といった興味深いもの---

ある高名な心理学者が空軍の戦闘機の教官集団に、褒めることの重要性を説いたところ、ほぼ全員から反発があった。

褒めると必ず次回は下手になる。逆に失敗を『この能無しザルが』とか言って罵ると次は上手くなるという。従って叱って育てるのが正しいという訳だ。

カテゴリー: 飛行機 | 執筆者: kazama [ 続きを読む ]

2016年03月04日 19時17分

  コントレイル

20160304-dscn5107_01.jpg

カテゴリー: 飛行機 | 執筆者: kazama [ 続きを読む ]

2016年02月14日 21時38分

コレクションの極み--- F104.T33.AT6---

20160214-dscn3442_01.jpg

稀代なカリスマ F-104はこのアングルがいちばん凄みを感じます

カテゴリー: 飛行機 | 執筆者: kazama [ 続きを読む ]

2016年02月13日 21時14分

--- Burner ON!!

20160213-dscn3706_01.jpg

20160213-dscn3672_01.jpg

20160213-dscn3693_01.jpg

カテゴリー: 飛行機 | 執筆者: kazama [ 続きを読む ]

2016年02月03日 20時36分

--痛恨のマシントラブル---ダグラスDC-3輸送機--

20160203-dsc_0299_01.jpg

大阪の友人から額入りのイラストが届いた。昨年は私がグラマンのファンなのでF6Fヘルキャットだった。今年はなんだろうと思ったらダグラスDC-3輸送機だった。

ソリを履いているのは山梨が豪雪の孤立で話題になったからか、あるいは昔北極で乗りそこねたことへの皮肉なのか---

カテゴリー: 飛行機 | 執筆者: kazama [ 続きを読む ]

2015年07月10日 18時32分

-- ON TOP ---

20150710-img_2147_01.jpg

雲の上にでた、これより上層に雲はない---

そういう意味で使われる航空用語です

雨の日など、エアバンドから聞こえるこの言葉

ああ、この雲の上はまばゆい青空なんだ---

たまらなく空へのあこがれを掻きたてられます

航空用語のなかでいちばん好きな言葉です


カテゴリー: 飛行機 | 執筆者: kazama [ 続きを読む ]

2015年07月09日 18時49分

   インテリの気難し屋さん---F86D

20150709-img_2124_01.jpg

   山からの帰りにF86Dを発見した—山梨の航空専高の教材だったものだ。

当時の全天候戦闘機という・まるで防水みたいなカテゴリーは、今は当たり前の仕様になっている。

F86Fは昼間戦闘機と言われていたから昼間しか飛べなかったのだろうか(笑)。

全天候というより昔の夜間戦闘機だろう。当時真空管の故障しやすい電子機器の扱いは極めて難しく、本来なら二人前の仕事だったらしい。

   86Fの格闘戦のパイロットと86Dの電子戦では要求されるものが真逆で、隊内で担当の見分けがついたというエピソードがあった。


カテゴリー: 飛行機 | 執筆者: kazama [ 続きを読む ]

2015年07月07日 05時44分

たなばた空襲の夜

20150706-11403256_789837447801164_1059045671023258030_n_1__01.jpg

小学生の頃・B29後継の気象観測型WB50が横田から毎日のように甲府盆地上空を西に向かって飛んでいった。

四発レシプロエンジンの重い音がいつまでも聞こえた。一機だけでも重苦しいその音が・70年前の今夜・B29が138機甲府空襲に訪れたというから・どんな音だったかと思う。

カテゴリー: 飛行機 | 執筆者: kazama [ 続きを読む ]

2015年03月29日 07時13分

雷神の咆哮   ---リパブリック F-105 サンダ-チ-フ戦闘爆撃機

20150328-img_1079_01.jpg

   この絵は大好きだったF105を高校生のころ描いたものだ。

飛行場のない当時の山梨の高校生にとって、ジュラルミンの地肌を輝かせ、高空に飛来するサンダーチーフの魅力は異次元のものだった。

カテゴリー: 飛行機 | 執筆者: kazama [ 続きを読む ]